管理人がガチでオススメするVODはこちら

【ダンまち】アステリオスの強さとその正体は?オッタルと同等の力を持った最強のゼノス

ダンまちゼノス編(異端児)に登場するゼノス最強の武人アステリオスについてです。正体はもちろんその強さまで現在発売されている原作本編と外伝を参考に紹介したいと思います。またアステリオスのモデルとなった元ネタについても少し書いています。

基本的に本編と外伝のネタバレが含まれているので注意してくだいさい。

ダンまちベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスの関係【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点 【ダンまち】ゼノス編ネタバレ!ウィーネの死?愚かな英雄「ベル・クラネルへの願い」 【ダンまち】続ゼノス編ネタバレ!アステリオスの願いと失墜した英雄の行方 【ダンまち】人造迷宮クノッソスの謎とダイダロスの呪縛!実在した宮殿

まとめ

ダンまちの記事一覧はこちら

アステリオスの正体「誕生と白い憧憬への想い」

 

ではアステリオスの正体について書いて行こうと思います。既に知っている方も多いかもしれませんが、アステリオスの前世はベルと死闘を繰り広げたあの「ミノタウロス」です。

 

ちなみにアステリオスの名前には「星」や「雷光」と言った意味もあり武器は前世の時に持っていた物と同じラビュリス(両刃斧)を使っています。ラビュリスは魔剣で「雷」を使った攻撃も可能。

 

この辺りはアルゴノゥトに登場したミノタウロスとも一緒で武器もキャラ設定もほぼ同じです。

ダンまちベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスの関係【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点

 

下のほうにアステリオスのモデルとなった元ネタもあるので興味のある方はどうぞ。

 

原作でもなぜモンスターが生まれ変わるのかは判明していませんが、少なくともゼノス達は「地上への憧れ」を持ち「人類との共存」を悲願として活動しています。

 

その中でも特にイレギュラーな存在として生まれ、他とは違った感情を持つのがこのアステリオスです。

 

memo

アステリオスは黒いミノタウロスと表現される事が多いですが、正確には深層種のブラックライノスの亜種です。

 

例えばウィーネの場合生まれてすぐに同族から襲われて来ました。これはアステリオスも同じで生まれてすぐに同族から容赦のない攻撃を受けてきました。

 

ダンジョンに居る限りその攻撃は無限に続きアステリオスは生まれてすぐに激しい闘争に身を置きます。

 

アステリオスは戦うことを選ぶ。

 

自我がいつ芽生えたのかも定かでないアステリオスが唯一覚えていたのが「ある夢」の鮮烈な光景でした。分からない「夢」の内容にアステリオスは飢え続け闘い続けます。

 

後にゼノス達と出会い夢の正体が「強烈な憧憬」であることを知ります。

 

この頃のアステリオスは夢に身を震わせるほどの意志と満たされていく感覚があるを分かっていました。

 

しかし、それが何なのかは分かりません。

 

アステリオスはゼノス達とは行動せず一人深層に潜り闘い続けました。

 

ときには冒険者とも闘いましたが彼等はその強さに圧倒され逃げ出します。冒険者達は夢で見た何かに似ていましたがアステリオスにとっては全く違う存在で、

 

その夢の「何かは」決して背中を見せることはありませんでした。

 

アステリオスは夢を求め、再会を求め闘い続けます。

 

そして念願だったベルとの再開を果たすとアステリオスはベルに勝負を申し込みます。アステリオスの体は既に深い傷を負っていましたが圧勝という結果を残し勝敗は一勝一敗となりました。

 

アステリオスとベル再戦を誓い強さを求めて修行を始めす。

 

アステリオスの立ち位置はベルの好敵手です。つまりベルのライバルなので今後も重要な存在になるのは間違いないと思います。

 

以前ベルとアルゴノゥトの関係の時にミノタウロスについて触れましたが、もしこの頃の生まれ変わりがアステリオスだったらこの二人は約千年前の約束を果たした事になりますね。

 

【アルゴノゥトとミノタウロスのやり取りはこちら】

ダンまちベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスの関係【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点

【ダンまち】ゼノス編ネタバレ

【ダンまち】ゼノス編ネタバレ!ウィーネの死?愚かな英雄「ベル・クラネルへの願い」 【ダンまち】続ゼノス編ネタバレ!アステリオスの願いと失墜した英雄の行方

アステリオスの強さはレベル7のオッタルと同等?

 

アステリオスとベルが初めて戦った後にギルドは推定レベル7と発表し第一級の賞金首(バンティモンスター)として登録しています。

 

アステリオスは三人のレベル6(ティオネ、ティオナ、ベート)を相手にその強さを見せ付けましたが、その後アイズによって片腕を落とされました。

 

ちなみにゼノス編のアステリオスはリュー、アイシャ、シャクティ(ガネーシャファミリア団長)、ガネーシャの幹部なども瞬殺してます。

 

この頃のアステリオスのポテンシャルは確かにレベル7はあるかもしれませんが、アイズやフィンといった第一級冒険者と戦えば恐らく負けていたと個人的には思っています。

 

要は「技と駆け引き」の差は明らかにあったんじゃないかなということです。アステリオスは対モンスターには慣れていても対人ではまだまだだと思うので片腕を落とされても不思議ではありません。

 

(こんなん言い出したらキリ無いですけどね・・・)

 

それでもアステリオスとアイズの闘いではそのポテンシャルに危険を感じてフィンが加勢するのでステイタス的には相当なものがあったと思います。

 

その後、アステリオスはロキファミリアというかオラリオに力を貸すことになり桁外れの力を見せ付けます。

 

その戦いが全ファミリアを巻き込んだ「vs穢れた精霊戦」です。

 

まともに穢れた精霊と戦えたのはフレイヤファミリアの幹部とアステリオスのみで他のファミリアはジリ貧でした。多くのファミリアが苦戦する中、穢れた精霊を一撃で屠ったのはオッタルとアステリオスのみ。

 

ここで改めてフレイヤファミリアの強さとアステリオスの強さが証明されます。

 

ギルドは当初アステリオスの強さを推定レベル7としていましたが、個人的にこの件でアステリオスとオッタルは限りなく近い強さを持っていて確実にレベル7に食い込んだと考えてます。

 

過去にオッタルがゼウスファミリアとヘラファミリアとの戦いでランクアップしている事から、いずれベルとアステリオスも互いの戦いの中でランクアップするんじゃないかと想像したりもしています。

 

ライバルとの切磋琢磨で能力アップは王道過ぎて微妙かもしれないけど個人的には好きな展開なので地味に期待します。

 

【オッタルとゼウスファミリア・ヘラファミリアの過去】

【ダンまち】オッタルの過去!レベル8と9の存在と最強を越えようとする最強

【ダンまち】ベル・クラネルの正体

ダンまちベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスの関係【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点

【ダンまち】ゼノス編ネタバレ

【ダンまち】ゼノス編ネタバレ!ウィーネの死?愚かな英雄「ベル・クラネルへの願い」 【ダンまち】続ゼノス編ネタバレ!アステリオスの願いと失墜した英雄の行方

アステリオスのモデルとなった元ネタ

アステリオスという名を持つキャラは少なくなく。ゲームが好きな人なら知ってるかも知れませんが、大体そのキャラのモデルになるのがギリシャ神話に登場する「ミノタウロス伝説」から来ています。

 

ミノタウロスは牛の頭に人間の体を持った怪物ですがその誕生からある意味数奇な運命を持った怪物とも言える存在です。

 

では、なぜミノタウロスはそんな状態で生まれたのでしょうか?

事の始まりはゼウスがエウロパの美しさに惚れ込み雄牛に化けた所から始まります。

 

 

雄牛に化けたゼウスはテュロス国の王女エウロペを誘拐しクレタ島に連れて行きました。エウロパはゼウスとの間に3人の子供を身籠るとクレタ島の王と結婚します。

 

正統な王の世継ぎを決める際、クレタ王はエウロパの間に子供が出来なかった為エウロパの3人の子供から決めるしかありませんでした。

 

息子の名はミノス、サルペドン、ラダマンティス。

 

長男だったミノスは、自分が正統な王の世継ぎだから自分の願いは何でも神が叶えてくれると話します。そして、それが叶ったあかつきには正統な王として認めて欲しいと主張しました。

 

ミノスは海の神ポセイドンに生贄を捧げ「雄牛を海底から出現させてほしい」と願います。

 

ポセイドンは雄牛を出してくれたらちゃんと返すと約束したミノスを信じ深い海底から黄金の雄牛を出現させました。これによりミノスは正式にクレタ島の王の座につきます。

 

約束通り黄金の雄牛を返すしかないミノスでしたが、あまりにも美しかった黄金の雄牛を返すのが惜しくなると、ミノスは普通の牛をポセイドンに返して黄金の雄牛は自分の物にしてしまいました。

 

当然ポセイドンは激怒します。

 

ポセイドンは仕返しとして雄牛の性格を凶暴な性格に変え同時にミノスの妻パーシパエー(以下パシパエ)を雄牛にしか恋情を抱かないようにしてしまいます。

 

その後パシパエが雄牛の子を身籠ると牛の頭をした子供にアステリオスと名付けます。

 

成長したアステリオスは人間を食べたりする凶暴な性格で手に負えない存在でした。そんなアステリオスに当時クレタ島の王だったミノス王は大工だったダイダロスに迷宮を作るよう命じます。

 

memo

ゼノス編にも登場するダイダロスと人造迷宮クノッソスもここから来てます。

【ダンまち】人造迷宮クノッソスの謎とダイダロスの呪縛!実在した宮殿

アルゴノゥトのストーリーの元ネタにもなってます。

ダンまちベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスの関係【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点

 

その中に閉じ込められたアステリオスには毎年7人の少年少女が生贄として捧げられました。この状況に異議を唱えたアテナイの王子テセウスは自ら生贄の一人となって迷宮へと乗り込みます。

 

memo

テセウスは元々、国民的英雄で情に深い王として有名。大岩を軽々と持ち上げる怪力の持ち主で「英雄伝」では古代ローマを建国したロムルスと共にアテーナイを作った偉大な人物として紹介されている。

 

ミノス王の娘「アリアドネ」はそんなテセウスに惚れ彼の力になろうと迷宮の脱出方法をダイダロスから聞き出すと毛糸があれば脱出不可能と言われた迷宮から帰って来れることを知ります。

 

アリアドネは協力する代わりにテセウスとの結婚を約束している。

 

アリアドネはテセウスに毛糸と剣を渡しました。

 

テセウスは迷宮に入るとアステリオスと対峙しアリアドネから貰った剣でアステリオスを倒すと毛糸を使って迷宮から脱出し見事アステリオス討伐に成功しました。

 

 

諸説ありますが、クレタ島には実際に牛を祀る儀式が実際に存在していて、そこからミノタウロス伝説が誕生したのではないかとも考えられているそうです。

 

そしてアルテリオスを討伐したテセウスはアリアドネと共にクレタ島を出向しますがナクソス島でアリアドネがさらわれそのまま離別したと言われています。

 

ダンまちベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスの関係【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点 【ダンまち】ゼノス編ネタバレ!ウィーネの死?愚かな英雄「ベル・クラネルへの願い」 【ダンまち】続ゼノス編ネタバレ!アステリオスの願いと失墜した英雄の行方 【ダンまち】人造迷宮クノッソスの謎とダイダロスの呪縛!実在した宮殿

さいごに

 

というわけでゼノス編に登場するアステリオスについてでした。アステリオスの強さについては完全に個人的な意見なので当てにはなりませんが、かなり上位に食い込んでいると思います。

 

ダンまちに限ってはレベルという絶対的な考えがあるのでこういった強さの話は不毛なんですけど、それでも気になって考えてしまうのは何故なんでしょうね・・・・

 

どうでも良い話は置いといて、

 

ギリシャ神話には様々な悲しい話があります。個人的にはこのミノタウロス伝説もそのひとつだと思っています。

 

もともとミノス王の自分勝手な行動のせいでミノタウロスが誕生し日の当たらない地下に閉じ込められました。

 

そしてテセウスによって倒されその生涯を終えます。

 

ダンまちのアステリオスも悲しい最後になるのかは分かりませんが彼を含めたゼノス達の今後を知るためにも本編の早く・・・ほんっっっっとうに早く新刊を出して欲しいものです・・・・・・・・・・・・・・

 

ダンまちベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスの関係【ダンまち】ベルの正体は?アルゴノゥトとゼウスとの関係と共通点 【ダンまち】ゼノス編ネタバレ!ウィーネの死?愚かな英雄「ベル・クラネルへの願い」 【ダンまち】続ゼノス編ネタバレ!アステリオスの願いと失墜した英雄の行方 【ダンまち】人造迷宮クノッソスの謎とダイダロスの呪縛!実在した宮殿

まとめ

ダンまちの記事一覧はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。